スカルノハッタ(ジャカルタ)国際空港ターミナル2は、日本からの国際線直行便が到着するターミナルです。意外と知られていませんが、そのターミナル2でスカルノハッタ空港が無料で提供しているWiFiが使えます。接続速度も特にストレスを感じることなく使用できます。

到着時はそのまま空港を離れるので使用することはないと思いますが、帰国時にチェックインを終えてフライトの待ち時間などに無料WiFiにつないで、スカイプやLineなどでテキストチャットしたり通話をすることもできますね。一部のサイトは検閲がかかって見れないこともあります。

私の使用しているソフトバンクのiPhone5で次のように設定しています。

スカルノハッタ(ジャカルタ)国際空港ターミナル2の無料WiFi 設定方法

① 「設定」→ 「WiFi」→ 表示されるネットワークから t2.cgk-airport@wi… を選択する。(未確認ですが、ターミナル1では t1.cgk-airport@wi… 、ターミナル3では t3.cgk-airport@wi… と表示され、下記の手順でWiFiに接続できると予想します。) ちなみに、cgk というのは、Cengkareng の略で、チェンカレンは空港のある地名のことです。インドネシアでは、スカルノハッタ空港をチェンカレン空港ということがよくあります。

cgkwifi1

② 以下のような画面が表示されログインを求められるが、ログインはクリックせずに下のほうにある Lanjutkan という文字をクリックする。(lanjutkan は続けるという意味)

cgkwifi2

③ 以下の wifi.id の画面が表示されればWiFiに接続完了です。iPhoneのセンターボタンを押していったんブラウザを閉じ、再度ブラウザを開けばネットサーフィン自由自在です。接続時間に制限があるようで、知らない間に接続が切れていることがありますので、その場合はつなぎ直しすればOKです。

cgkwifi3

④ 蛇足ですが、「設定」→ 「WiFi」からどのWiFiにつながっているのかを確認してみると、確かにターミナル2の無料WiFiにつながっていました。
cgkwifi4

 

注意事項:私はソフトバンクのiPhone5を使用していますが、次のことに注意しています。

① 「設定」から機内モードをオンにして、スマホで電話通話をしないようにする。これを忘れると国際ローミング機能が勝手にONになり、誤って使用すると翌月に莫大な請求が来ることになります。

② さらに、「設定」からモバイルデータ通信をオフにして、パケットが使用されないようにする。パケットデータは無料のWiFiからのみ取得するようにする。