ASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟する10カ国による「ASEAN経済共同体」が 2015年12月31日、発足した。
インドネシア語ではMasyarakat Ekonomi Aseanの頭文字を取ってMEA、日本ではASEAN Economic Communityの略でAECと呼ばれる東南アジアの経済連携を強化するための連合体。
参加国はインドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ミャンマー、ラオス、ベトナム、マレーシアの10カ国。本部はインドネシアのジャカルタ。
このエリアの人口は2014年時点で6億2000万人、GDPは2兆5,000億ドルともいわれる巨大経済圏。
MEA参加諸国間でのヒト・モノ・サービス・投資などの自由化を目指す。
また、ASEAN諸国での投資制度や法人設立などを簡易化することで、各国で新しいマーケットの開拓が可能になるようで、今後、日本にとっても注視すべき市場です。

ジャカルタ視察の際の車の手配は、Butler Japanにお任せください。