ジャカルタレンタカー・スカルノハッタ空港送迎、工業団地訪問

ジャカルタの入国手続き

入国

空港施設概要

<スカルノ・ハッタ(ジャカルタ)国際空港>
スカルノ・ハッタ(ジャカルタ)国際空港は、到着ロビーが1階、出発ロビーが2階と分かれています。
一般車両はすべて、1、2階で乗降のみを行い、駐車は1階の有料駐車場を利用します。
 
スカルノ・ハッタ国際空港1階到着ロビー

入国手続き書類

インドネシア共和国に出入国する外国人に対し、出入国カード記入・提出の義務免除が決定され、主要国際空港から出入国する外国人については出入国カード提出の必要がなくなりました。
パスポートは残存期間が6ヶ月以上、パスポートの無記入の査証ページが3ページ以上必要ですのでご確認ください。
インドネシアへの観光目的かつ、入国日を含め30日までの滞在であれば、査証(ビザ)は必要ございません。
観光以外の目的の入国に際しては、ビザが必要となる場合があります。
税関申告書は、インドネシアに持ち込む品物が免税範囲を超えない場合でも空港関税への提出が義務付けられています。
 
ジャカルタ入国手続き

入国審査

入国審査には想像以上の時間がかかります。
到着便の集中する夕方には、到着ビザ(VOA:Visa On Arrival)の購入、続いて入国審査の長い列に並ばなければなりません。
30分以上かかることも珍しくありません。
入国審査にかかる時間を短縮したい方は、Butler Japanの「入国審査手続きサポート」をご利用ください。
降機から空港を出るまでの間、専門のスタッフがサポートいたします。
専用カウンターでの入国手続きをするので、並ばずスムーズに入国できます。

税関検査

持ち込み禁止品には、テレビ、ラジオなどがあります。
税関職員にもよりますが、空港の税関検査は一般的に厳しいです。
木箱、段ボール梱包の荷物は厳しく検査されることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

空港内での留意点

スリ、置き引きなどが多いので各自で注意をする必要があります。

空港からの主な交通手段

通常のタクシーは空港から市内までおよそ20万ルピアの料金ですが、白タクなどに捕まると、いくら取られるかわかりません。
また、高速道路を3系統経由するので、高速料金として12,000ルピアが必要です。
日本語は通じません。
空港からジャカルタ市内への送迎は、Butler Japanの「空港送迎プラン」をご利用ください。
3名乗車できるAvanzaの場合、ガソリン・高速料金・駐車場料金・チップを含んだ料金が9,000円です。
日本で申し込みが可能で、現地でもジャパンデスクが日本語でサポート致します。
急な出張!前日の緊急ご予約も可能です。
092-791-1657日本国外からは +81-92-791-1657
無料見積り・ご予約お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © Butler Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.