ジャカルタレンタカー・スカルノハッタ空港送迎、工業団地訪問

ジャカルタの社交

風俗習慣

インドネシア人と食事をともにする場合は、相手の宗教を知っておくことが大切です。
イスラム教徒は豚肉を食べず、ヒンズー教徒は牛肉を食べません。
また、イスラム教徒は飲酒が禁じられているため、イスラム教徒の多いインドネシアでは飲酒は一般的でなく、普通の家庭や知人同士のパーティ、夕食に招かれても酒類が出されることは少ないでしょう。
インドネシア人は総体的に穏やかで忍耐強い国民で、めったに他人を批判しません。
しかし、いったん堪忍袋の緒が切れると激高することがあります。
ジャワの人を不意に訪問するとよく経験することですが、相手がマンディ(水浴び)をしてからあいさつに出てくることがあります。
マンディをしないまでも、顔と手足を必ず洗ってから出てきます。
これは相手に対する礼儀で、身を清め、気持ちを静めるためのディンギン(冷たい、冷静という意味)精神です。
待たされても気を悪くしてはいけません。

パーティでの留意点

現地の人と積極的に接触し、国情、文化を理解するよう努力することが求められます。
立食パーティが多く、プレゼント持参で夫婦単位で出席するのが習慣です。
婚礼に招かれた場合は、新郎新婦へ 「Selamat hagian selaru(末永くお幸せに)」 「Selamat menempuh hidup baru semoga berbahagia danrukun-rukunselalu(新生活に入るお二人、おめでとうございます。どうぞいつまでも仲良くお幸せに)」 などとお祝いを述べます。
葬儀の際の遺族へのお悔やみは 「Kami turutberduka cita(心からお悔やみ申し上げます)」 といいます。

訪問時の留意点

勤務中を除き、午睡をとる習慣があります。
その時間帯(14:00~16:30)にインドネシア人の家庭を訪問することは避けた方が良いです。
飲み物や食べ物は、すすめられてからいただきましょう。
また、付き合いの程度にもよりますが、訪問時に手土産を持っていくと喜ばれます。

禁止されている言動(タブー)

イスラム教では左手は不浄の手とされており、物の受け渡しに左手を用いてはいけません。
仮に右手に何かを持っていても、それを左手に持ちかえるか、もしくは下に置くなどして、必ず右手で受け渡しをしましょう。
日本では子供の頭をなでる習慣がありますが、インドネシア人は頭に触れられることを嫌います。
会話の際に腰に手を当てるのは怒りの印とされています。
また、足を組むのは不遜な態度ととられることがあります。
よほど親しい間柄でなければ、相手の服装を話題にするのは避けた方が良いでしょう。
また、無神経に肌を露出してはいけません。

日本人会

日本人会として、ジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)があります。
ジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)
Menara Cakrawala 4階 Jl.M.H.Thamrin No.9
電話:021-315-0418
URL:http://www.jjc.or.id/
JJCは「会員相互親睦および日本インドネシア両国の親善、文化交流を図る」ならびに「両国間の通商および経済協力に寄与する」ことを目的に設立され、法人部会および個人部会から構成されています。
個人部に入会すると、書籍、ビデオを無料で借りることができ、クラブハウス内の図書館で新聞、雑誌など図書の閲覧もできます。
バンドン、スラバヤ、メダン、デンパサールなどの地方都市では日本人会の会員総数に占めるJICA関係者の比重が高いため、JICA関係者の多数が各種委員会の責任者として、各種の行事などで中心となった活動に貢献しています。

現地の人々との交流

ジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)主催の行事がしばしば行われ、現地の人々との交流が図られています。
現地の日本人向け新聞「じゃかるた新聞」でも、いろいろな催事の案内を知ることができます。
急な出張!前日の緊急ご予約も可能です。
092-791-1657日本国外からは +81-92-791-1657
無料見積り・ご予約お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © Butler Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.