スカルノハッタ空港到着口前のポリシ・ティドゥール (Polisi Tidur)

スカルノハッタ空港到着口前のポリシ・ティドゥール

ジャカルタの玄関口スカルノハッタ国際空港に到着すると、到着口前の道路にこのポリシ・ティドゥール(Polisi Tidur)を見ることができます。日本でも導入すれば良いのにと以前から思っていました。交通事故が減るに違いありません。

ジャカルタの街、特に比較的小さめの道路に入るとやたら目につく「ポリシ・ティドゥール(Polisi Tidur)」。インドネシアのどこに行ってもあります。ポリシ・ティドゥール(Polisi Tidur)とは、道路を少し高め(数センチほど)盛ることで、自動車通行時に自発的に減速して徐行を促すものです。

ポリシ・ティドゥールとは、インドネシア語で「警察官が眠る」という意味です。警察官が見張っていなくても(居眠りをしていても)自動車は徐行せざるを得ません。なぜなら、通常速度で走行してしまうと、道路の突起物、盛り部分からの衝撃がまともに伝わり、車の天井に頭をぶつけてしまうからです。路地での車の暴走など試みるどころか、時速20~30キロで通過するようなドライバーはまずいません。

先日、ジャカルタ北部のコタから市内中心部に移動するのに大通りが渋滞していたのでタクシードライバーが良かれと思ってか、鉄道沿いの細い道沿いに入っていきました。数十メートルおきにポリシ・ティドゥール(Polisi Tidur)が設けられていてて困惑してしまいました。徐行して通過するのですが、ノートパソコンでの作業は中断せざるを得なくなるくらいの悪路でした。日本でも学校の通学路には、このポリシ・ティドゥールを設けてみたらどうかと思います。路地で車が暴走して小学生の列に突っ込むなんてことも起きにくくなるに違いありません。

歩行者は、盛り部分の比較的大きい場合には、ポリシ・ティドゥールに思わずつまずいてしまうので気をつけましょう。