2016年1月14日、インドネシアの首都ジャカルタ中心部で起きた爆破テロ事件。
イスラム過激派グループの犯人がスターバックス店内に侵入して自爆。
事件後、店は破損した窓ガラスなどの復旧を進めた上、客の手荷物を確認するなど警備態勢も強化。
スターバックスが入るスカイラインビルにはジャカルタの日本人会事務局なども入っていて、ほとんどのテナントは通常営業に戻っています。
とはいえ、安心して滞在できる環境とは言えません。
ジャカルタ出張の際は注意が必要です。
運悪く危険なタクシーに出くわすこともしばしば起こります。
ジャカルタでの車の移動は、ジャパンクオリティのButler Japanにご相談ください。
日本で蓄積されたノウハウを基に教育訓練されたドライバー付きのレンタカーで、安全・快適・正確に日本の感覚で安心して御利用いただける日本人の為の足回りのサービスを提供しています。